長瀬智也主演『俺の家の話』グランプリ受賞で3冠達成!“父”西田敏行が歓喜 江口のりこ&宮藤官九郎も登場

視聴回数1,220,272

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の長瀬智也が主演した、2021年1月期のTBS系連続ドラマ『俺の家の話』が、『東京ドラマアウォード2021』の「作品賞 連続ドラマ部門」グランプリに決定。キャストの西田敏行(助演男優賞)、江口のりこ(助演女優賞)もそれぞれ受賞し、見事3冠を達成した。
 同アワードは、作品の質の高さのみならず“市場性”“商業性”にスポットをあて、『世界に見せたい日本のドラマ』のコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性の高いドラマを表彰する。
 『俺の家の話』は、長瀬とは幾度もタッグを組んできた脚本家・宮藤官九郎が描く、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで、介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるストーリー。
 寿一(長瀬)の父・寿三郎を演じた西田は「私の役は、能楽師で人間国宝。そして介護されて徐々にアルツハイマーになっていく。いろんなミッションがたくさんあって、頭が混乱しそうになりました(笑)」と笑いながら「素晴らしい脚本、演出、そして素晴らしい共演者に恵まれて、きょうこの日を迎えることができました」と感慨深げにコメント。記念のトロフィー手に喜びを爆発させた。
 そのほか、「作品賞 単発ドラマ部門」グランプリをNHK『太陽の子』、主演男優賞を窪田正孝(NHK『エール』)、主演女優賞を綾瀬はるか(TBS『天国と地獄~サイコな2人~』)が受賞した。