広末涼子、美のルーティンを明かす シースルードレスで魅了

視聴回数4,883,050

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の広末涼子(40)が14日、都内で行われた『FUJIMI』パーソナライズサプリメント アンバサダー就任&新CM発表会に出席。白のシースルードレスで登場し、変わらぬ透明感を披露した。
 広末が登場すると、MCは「美しいですね」とほれぼれ。普段の美容について聞かれると「主婦さんたちにはわかっていただけると思うんですが、子どものことで自分のことがおろそかになりがちなんです。なので、自分の習慣で、基礎化粧は必ず洗面台と寝室とキッチンなどいろんなところに置いています(笑)」と、乾燥などが気になったときにすぐに化粧水や美容液をつけられるようにしているという。
 また、もともと陸上部で小麦色にまで焼けることがあったものの、芸能活動を始めてから“日光アレルギー”と診断された自身の経験を明かし「抵抗力がなくなったりして、変わるそうです。このお仕事で(肌を)守ってあげすぎたのかな、逆に抗体がなくなってしまったのかなということがあったので、たまには日光浴をしたりすることを意識しますね」と夏の過ごし方も話した。
 これまでサプリメントはあまり活用してこなかったという広末は「年齢を重ねるのはすごくすてきなこと。老化だったり、重力に逆らえなくなったりとかいろいろ気にするようになってきましたが、ウェルエイジングな生き方をしたい」と、若返りを目指すのではなく、バランスの良い老化をしていきたいと語った。
 続けて「30代に入ったときに社長から『自然体できれいにいられると思ったら大間違いだよ。きれいにいるためにはお金も時間もかけないといけない』と言われました(笑)」と美容についても意識するようになっていった。「30代後半から40歳になって(肌の老いを)実感するので、この商品を味方につけてきれいでいたいですね」と子育てや女優業の中で、美容ももっと考えていきたいと話した。
 イベントでは、コロナ禍での生活の変化も聞かれ、広末は「家族ている時間が増えたので、みんなでお料理をすることが増えました。うちの子どもたちは、3歳でマイ包丁とマイまな板を持って一緒にキッチンに立つので、基本的なことはできるんです」と子どもたちのサポートに感謝。そして「料理だけでなく家事の大変さもしって、ぜひ料理男子に育ってほしい。男性も料理をする方が多いと思いますし、期待しています」と優しい母の目をしながら答えていた。
 「成分」「品質」「パーソナライズ」「デザイン」などこだわり抜いたFUJIMIのサプリメント。広末が出演するテレビCMはきょう14日から放送され、デコルテあらわなスタイルで透明感たっぷりの素肌美を披露している。