菜々緒、広瀬アリスの「やられたい」発言に大赤面!ガールズラブ妄想で永野芽郁らキャスト大興奮

視聴回数1,770

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の菜々緒が10日、都内で行われた映画『地獄の花園』ヒット御礼舞台あいさつに主演の永野芽郁、広瀬アリス、遠藤憲一とともに参加した。
 今作では一見華やかに見えるが、裏では“拳”で派閥争い繰り広げるOLという異色のキャラクターを演じたキャストたち。菜々緒はもし、このメンバーで別の作品を演じるとしたら?との司会からの問いに「またぶっとんだ作品をやりたい。結構ボーイスラブ的作品は多いけど、“ガールズラブ”みたいなのってないから、私はこのかわいい2人に取り合わられたい」と想像を膨らませた。
 永野は同じ質問に「想像つかないですよね! みなさんのきれいに立っているのに、菜々緒さんも“悪魔の朱里”が見えちゃってる…。でも血のつながらない家族とかいいかも?」と提案。すると広瀬は「笑いナシの全員悪者みたいな? どうですか。私と遠藤さんダメですね」と遠藤と顔見合わせて笑いをこらえつつも「今回、コメディだったのでシリアスとか」と真逆の路線を展望した。
 そんななか、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”を演じた菜々緒はまさかの“ガールズラブ”にノリノリ。広瀬は「すぐ役作りできますね! 私はもう。きょうの衣装もヤンキー風っていってたので、菜々緒さんにやられたい」と前のめりで、遠藤が「もちろんその中に混ぜていただいて…。ガールです、もちろん。ちょっとベテランのガール。『恋はいつまでもするものよ』って」と提案すると、菜々緒は「悩み相談してくれる。バーのママとかいいですね」と妄想は尽きず、永野も「そうしましょう!」と前向きに賛成していた。