山田裕貴、メガネ姿で流ちょうな英語力を発揮 「Excellent」

視聴回数529,911

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の山田裕貴(31)、女優の有村架純(28)が雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ『2021年 今年の顔』に選出されたことが3日、発表された。同日、都内で行われた発表会に山田と有村が出席した。『2022年 来年の顔』に選ばれた俳優の眞栄田郷敦(21)も参加した。
 山田は、今年は『東京リベンジャーズ』でドラケン役と務めたほか、『ハコヅメ』『特捜9』などで振り幅の広い役柄を演じた。山田は「今年で10周年。こういった場に呼んでいただけて、すごくいろんな思いがあふれてくる。同時にありたがたく思います」としみじみと思いを語った。
 「聞いた時に『うそでしょ』と。もっと活躍している人がいる。『ホントに僕ですか?』と大笑いしてしまった。なんで僕が今年の顔なんだろ。不思議で仕方がないぐらい自覚がない…」と明かす。それでも「ただ目の前にある作品を1個1個やってきた」と俳優としての心構えを語っていた。そして最後は「こうやって今年の顔と選ばれることによって、もっと求められる期待値やハードルも上がる。人間としても、俳優としても、もっともっと気を引き締めて生きていかなきゃと思います」と力を込めていた。