近未来感溢れる スタイリッシュなスマートヘルメット LIVALL「EVO21」

視聴回数443,077

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

身の回りのアイテムがスマート化していくなか、自転車用スマートヘルメットも登場した。
LIVALLの「EVO21」は、サイクリストにとって必要な高い安全性とデザイン性を備えたスマートヘルメットだ。
ブレーキランプにもウインカーにもなる高い安全性
360°どの角度からでも見えるライトが周囲を照らし、暗い場所でも自身の居場所を伝えてくれる。
リアライトは、後方270°を照らす広角ライト。ハンドルに付けられるワイヤレスリモコンや自転車の動きと連動。乗っている自転車のスピードを自動で検知してブレーキランプのように光り、減速や停車を周囲に伝えてくれる。
また、リモコンを操作すると、車やバイクのウインカーのように左右のどちらか片方のみ点灯させ、周囲に自分の走行方向を示せる。
フロントライトは、45°の指向角を備えている。自転車を走行時に前傾姿勢になっても周囲を照らし、自分の居場所も示せる。ライトの明るさは、周囲の明るさに合わせて調節される。
使い方もスマート
使い方は簡単だ。電源ボタンを押したあと、ヘルメットをかぶってから4秒以内にオンになり、頭から離すと電源が切れる、スマートオン・スマートオフ。面倒な操作がいらないのが嬉しい。
バッテリーは、1回の充電で10時間使える。通勤時の利用であれば、週1回充電する程度で十分持ちそうだ。
安全性も高く、安心感がある。落下検出機能とSOSシステムも備える。1.5m以上の落下から90秒以内に、登録してある緊急連絡先にSOSのテキストメッセージを送信。正確なGPSの位置情報を伝えてくれる。90秒以内であればキャンセルもできるから、誤発信も防げる。
近未来的なデザインは受賞歴も
EVO21デザインは、スマートなデザインだ。
異なる層でできた、三層構造で作られている。外側のシェルは、ポリカーボネート製。その下に衝撃や圧力を吸収する耐衝撃性ライナーを挟んで、内側のメモリーフォームが頭の形にぴったりフィットして頭部を守ってくれる。
重さは350g。ロードバイクなどのヘルメットの多くが300g弱だから、ライトやバッテリーなどが付いているヘルメットとしては、とても軽量だろう。
また、ヘルメット本体とリモコンはIPX5防水だから、急な雨に見舞われても安心だ。
現在、BOOSTERでクラファン中。9,800円(送料込み)で一つ応援購入ができる。
カラーは、Snow(ホワイト)、Dark Night(ブラック)、Ultraviolet(パープル)、Mint(ミント)の4色から選べる。目標額はすでに達成済み。発送は、2022年1月以降の予定。
・ ・ ・
周りの車や人にも安心感を与えながら、颯爽と街を走行できそう!