入るだけでドライヤー完了!ふわふわに仕上がるペット専用ドライルーム「nello」

視聴回数280,692

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

ペットのお風呂は大変だ。さらにその後のドライヤーは音におびえて乾かすのが難しいことも。「nello」はそんな悩みを解消するペット専用のドライルームだ。
「nello」はペット専用のドライルーム。シャンプー後のペットに不快感を与えずに乾かせるという。また散歩後に使用すれば、毛についたホコリや花粉なども除去。
「nello」はMakuakeにてクラウドファンディング中。80,850円(税込)から入手可能。
入るだけでフワフワに!
本体サイズは526×457×681mm。重さは約15.7kg。内部には36個の送風口があり、優しく静かな風で毛を乾かしてくれる。2つの回転数が異なるファンにより、立体的な風を実現。乾かしにくいペットの耳やお腹、足回りなどもカンタンに乾燥してくれる。
本体の手入れも簡単に作られており、抜け毛やホコリは本体上部のフィルターに集まるので手軽に掃除できる設計。またフィルターの交換時期が近づくとランプが点灯してリマインドしてくれる。本来の性能を保つためには、約6か月ごとに1回の交換が推奨されている。このフィルターは公式ホームページから購入可能だ。
エアシャワーで見えない汚れも落とす!
お風呂上がりのドライはもちろん、散歩終わりには空気で汚れを落とすエアシャワーが使える。「nello」に入れて5分間エアシャワーをすれば、散歩中に付着したホコリや花粉など見えない汚れ、水に濡れた毛や足裏も乾燥させてくれる。動作音は23db以下と、一般的な図書館より騒音レベルが低く、音に敏感なペットでも安心して利用できそうだ。
風の温度は調整でき、夏には送風モード、冬には温風モードというように使い分け可能。季節ごとでモードを変えると、ペットも快適にドライヤーを楽しんでくれそうだ。
またペットを「nello」に慣らせるためのトレーニングモード機能も搭載。この機能はトレーナーと獣医師の意見に基づき設計されており、柔らかい風を楽しみながら馴染んでいけるようだ。さらにドアは脱着可能で、万が一の場合もペットが不安を感じにくいよう設計されている。
「nello」の対象となるペットの大きさは体高が410mm以内。しっぽを含まない全長が470mm以内、体重が8kg以内のペットとなっているので注意してほしい。
・ ・ ・
ペットをふわふわで清潔に保ってくれるドライルーム「nello」。やさしい風の力がペットのQOLを向上させてくれるかも?