スマホで魚の種類が判明? AI図鑑アプリ「フィッシュ」が便利すぎ【動画ライター】

視聴回数445,828

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

こんにちは! 釣りプロモーターのハザーです! 普段はSNS、メディア媒体などを通じて釣りの楽しさを伝えたり、ギアのレビュー、釣竿のプロデュースなど幅広く活動しています。
皆さんは釣りに行って釣れた魚が、「どんな種類なのか」「食べられる魚なのか」「毒はないのか」ということが気になったことはありませんか?
僕は何度もあります(笑)
そんな不安をAIが解消してくれるアプリ「フィッシュ」をご存知でしょうか?
AI図鑑アプリ「フィッシュ」とは?
『フィッシュ』とは、画像認識AIを利用した魚図鑑です。
写真を撮ると魚の種類が判別でき、すでにデータが入った魚図鑑があり色々見て楽しめます。
 
スマホに入れて運べる、かさばらないお魚大図鑑。実際に使ってきました!
釣った魚をAIで判別すると……?
釣り場へ行ってルアー(擬似餌)を使って河川で魚を狙います。
魚がいる気配たっぷりの、怪しい滝壺があります……
ルアーを通してみると、魚が釣れました。
何の魚が釣れたのでしょうか? さっそくアプリで撮影すると、AIが魚を判別してくれます!
結果はスズキで、AIの正解でした。
他にも釣った魚でも試してみましたが、しっかり認識してくれていました!現在では認識できる魚は300種類とのこと。
・ ・ ・
今回使ってみた感想としては、AIの画像認識精度が高いことに驚きました。
電波がある状態であれば、数十秒で認識してくれます。
魚を釣ってアプリに保存していくと、釣果の記録になるだけでなく、自分だけの図鑑が完成していくポケモンな要素も楽しめます。
図鑑を開くと自分が釣った魚の特性を知ることもでき、勉強にもなります。お子様などに見せて親子で楽しむこともできそうですね。
認識できる魚種もさらに増えそうで、今後の動向が楽しみです。
スマホがあれば魚のことがわかるアプリ。AIの進歩は、釣りの楽しさまでアップデートしてくれるかも!
なお、今回のbouncy動画と平行して、僕のYouTubeチャンネルでも連動企画動画をアップしています! ぜひ両方とも見てね!
AI魚図鑑アプリ「フィッシュ」
B.Creation株式会社