車輪も風船! 一人ひとりに合わせてつくる、風船モビリティ「poimo」

視聴回数421,708

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

以前掲載した、膨らませると電動バイクになる風船モビリティ「poimo」がさらに進化!
乗るポーズをとるだけで、自分にあったパーソナルモビリティがつくれるようになった。車輪も風船構造になり、製造の柔軟性が上がり、一人ひとりの姿勢・体型にあった形にカスタムメイドできる。
多様な人々の移動を支えるプロダクトを目指し、メルカリの研究開発組織R4Dと東京大学の研究室が開発中。
乗るポーズをとるだけでカスタムメイドできる!
「poimo」は、一人ひとりに合わせてつくるパーソナルモビリティだ。
乗るポーズをとるだけで、新規開発した設計ソフトウェアが自分にあったパーソナルモビリティをシミュレーション。実際に試作機を製造しており、現在まで、電動バイク型・手動車いす型が試作された。
タイヤが風船だと破裂しない?
「poimo」を構成する風船は、すぐ破れてしまうような風船ではない。
「ドロップスティッチファブリック」と呼ばれる、高い空気圧に耐える、高強度の布地を使用。
軽量でも、人間の体重を支えられる強度がある。この布地を切り抜き、自由な形で製作できるため一人ひとりにあったカスタムメイドが実現できる。
試作された電動バイクは、リチウム電池で駆動。最高速度は時速6km。1回の充電でおよそ1時間動作する。総重量は9kgとのこと。試作された手動車いすの総重量は6.5kgと、普通の車いすの約半分程度の重さ。
電動バイクと車いす共に、空気を抜けば簡単に持ち運べる。
・ ・ ・
自分にぴったりのモビリティを誰もが簡単に得られる未来へ。