バリの自然から生まれた 身体にも地球に優しい木製メガネ「Ondray」

視聴回数21,428

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

バリの大自然の素材と現代技術が出会って生まれた木製メガネ「Ondray」。自然を感じるデザインの中には、様々なレンズ加工技術、そして、島を思うデザイナーと開発者の優しい願いが詰まっている。
優しい木製メガネ
木製メガネ「Ondray」はエレガントで、エコフレンドリーなバリ発のハンドメイドメガネ。素材にこだわり、使う素材は環境に優しく上質な柏や黒檀が使われている。さらに使う人のことを思った優しい工夫がされていて、メガネのレンズには、目に有害な紫外線やブルーライトをカットする加工が施されている。
バリの職人が産んだデザイン
Ondrayのエレガントで優しいデザインはバリの職人によるハンドメイドだからこそ感じるもの。一つ一つ丁寧に削り出された木製フレームはプラスチックフリーで、アレルギー反応の少ない身体に優しい素材でできている。
こだわりはメガネケースにも
Ondrayの木製ケースにも職人のこだわりが詰まっている。洗練されたデザインは、メガネケースの長期間の使用を願ってのこと。こんなかっこいいデザインなら大事にしたくなりそう。
軽過ぎてつけてることを忘れちゃう?
フレームの重さは葉っぱに乗せても落ちないくらい軽い。こんなに軽いとメガネをつけていることを忘れちゃうかも?
目に優しいUV400コーティング
Ondrayには紫外線やブルーライト、太陽光など目に有害な光線をカットするUV400コーティング加工が施されたレンズが使われている。長時間のパソコン作業やスマホの小さな画面操作から目を守ってくれる。
使う人への優しさのこもったレンズ
UV400コーティング以外にもOndrayのレンズは使う人にことを思いやって様々なメガネの技術が詰め込まれている。レンズには疎水加工が施されていて、水滴やミストにも強いので、お手入れも楽々。さらに、びっくりなレンズの衝撃耐性はなんとハンマーで叩いても割れない頑丈さ。しなやかな木製のフレームともマッチしそう。剛と柔を兼ね備えて、とっても長持ちしそう。
地球にも身体にも優しいメガネ
Ondrayを一つ購入することで、木が一本植えられる。現在Kickstarterにてクラウドファンディングを実施中で、63ドルからの支援で受け取ることができる。手元には2021年の7月にお届けの予定だ。
・・・
大自然の素材と最新のメガネ技術、そして、地球と身体を思う優しさが詰め込まれた木製メガネからはどんな景色が見えるだろう?
Ondray