言葉の不安はこれにて解消? SIM内蔵コンパクト翻訳機「Vasco Translator M3」

視聴回数250,881

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

新型コロナウィルスの騒動が収まれば、海外旅行に行って羽を伸ばしたいと思っている人もいるかと思う。だが、外国語でのコミュニケーションに不安があるため行き先の中から日本語が通じにくい国や地域を除外してしまう人は多いのでは?
そういった外国語への不安を解消してくれるのが、コンパクト翻訳機「Vasco Translator M3」。文字でも音声でも一瞬で翻訳してくれるのはもちろん、SIMカードを内蔵しているため、Wi-Fiが届かない場所でも安心して使えるアイテムだ。
「Vasco Translator M3」はMakuakeにてクラウドファンディング中。29,040円から入手可能。
Wi-Fiフリーの快適さ
「Vasco Translator M3」の対応言語は70種類以上と多く、世界総人口の約90%とコミュニケーションをとることが可能となるアイテム。もちろん日本語にも対応済みだ。
ユーザーや会話相手の言語をマイクで読み取り、6種類の翻訳エンジンを使って正確かつスピーディに翻訳。翻訳された内容はモニターで確認できるうえ、流暢に読み上げてくれる。
海外の看板や飲食店のメニューなどは、現地の言語で書かれている場合が多く、困った経験をしたことがある人もいるだろう。そんな時には、搭載されたフォトトランスレータ機能を使えばあっさりと解決してくれる。
フォトトランスレータ機能とは、本体のカメラを読みたい文字にかざせば自動的に言語を認識し、好きな言語に翻訳してくれるというもの。音声も文字もしっかり翻訳してくれるので、安心して海外旅行に挑戦できるだろう。
「Vasco Translator M3」も含め、AI翻訳機はほとんどの場合インターネット接続を必要とする。だが「Vasco Translator M3」は、世界200の国や地域で使えるSIMカードを搭載。対応している地域内ではWi-Fi環境がなくても安心して使用できるのだ。また接続料や使用料、更新料が全て不要なのも嬉しいポイント。慣れない海外の地でも安心して散策できそうだ。
・ ・ ・
言葉や文字をラクラク翻訳し海外旅行をより身近にするモバイル翻訳機「Vasco Translator M3」。手のひらサイズの通訳が言語の壁をなくしてくれる?