「キープレフト理論」式 アプローチ・ショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論 状況別対処法/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数568,527

※ 視聴回数について

ラブすぽ

クラブと身体をヨコの関係にし、上腕体側で左サイドにクラブをキープして身体の回転で打つ「キープレフト理論」の基本は、アプローチ・ショットでも変わりません。クラブが短くなる分アドレス時のチルト(上体の右傾き)が大きくなり、右肩がかなり下がったアドレスに感じますが、それでOKです。
この構えで打つとダフリそうな気がしますが、ダフるのはクラブをタテに使うから。クラブと身体がヨコの関係のまま動けばダフリませんので、ダウンスウィングではクラブを背中側に落とすイメージで動いてください。
このようにしてボールを打つと、自然とハンドファーストになりフェースもターンしてミスの少ないショットになります。
アプローチ・ショットのボール位置は、状況によって変わります。ですので、素振りで芝を擦り、クラブのソールが擦った位置にボールが来るように構えてください。