上半身の軸を右に傾ければ飛距離がアップする「アクシス理論」とは!?【吉本巧「アクシス理論」で飛ばす!/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数755,433

※ 視聴回数について

ラブすぽ

飛距離をアップさせるには、バックスウィングでエネルギーを最大限蓄積し、それを使ってダウンスウィングでヘッドを加速させ、エネルギー効率の良いインパクトを作ることが必要です。
それを実現させるスウィングを習得する方法論が「アクシス理論」です。
アクシスとは軸のこと。この理論は、上半身の軸(首の中心から腰の中心)を右足側に傾けた状態をスウィング中、維持することがポイント。
そうすると、ダウンスウィングでクラブヘッドが自然とインサイドから下りてきやすくなるため、インパクトでボールが捕まり飛距離が出るドローボールが打てるようになります。