「キープレフト理論」式 左足下がりのショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論 状況別対処法/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数654,928

※ 視聴回数について

ラブすぽ

左足下がりの傾斜ショットでは、肩のラインおよびクラブのフェース面を目標に向け、スタンスをクローズにします。傾斜と平行に立つので、左足に体重がかかります。
ボール位置の決め方は、まずボールの近くで素振りをします。そして、地面にクラブが軽く触れるところにヘッドを置いてボールの位置を決めます。
スウィングは、アドレス時の左足体重を保ち、左足を軸にクラブを振るイメージを持ちます。
ボールの右側が高いためクラブを上から入れると、ダフリます。切り返し以降でクラブを倒すイメージをもち傾斜なりに身体を回しましょう。フェースを返す必要はありません。