「キープレフト理論」式 ツマ先下がりのショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論 状況別対処法/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数761,068

※ 視聴回数について

ラブすぽ

ツマ先下がりの傾斜で普通に構えるとクラブのトウが浮き、ソールをすると手元が浮きます。
この解決方法はフェースを開くこと。ヘッドを寝かせて傾斜にフィットさせたら、フェースを目標に向くまで右に向けます。その分、スタンス、身体ともにオープンにします。
つまり、左に向いていくので、左足上がりの状況になります。逆に言えば左足上がりになるまでオープンにします。スウィングも左足上がりと同じになります。
ただし、フェースをかなり開くのでロフトが寝ますのでクラブの番手は2番手ほど上げます。そして、目標の左に振り抜きます。
スライス系の高い球になりますので、これを頭に入れてショットしてください。