「キープレフト理論」式 ツマ先上がりのショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論 状況別対処法/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数605,471

※ 視聴回数について

ラブすぽ

ツマ先上がりの傾斜で構えると、クラブのトウ側が上がるのでフェース面が左を向きます。
この解決法は、①目標の右を向いてフックボールを打つ方法と②フェースを開いて目標にスクエアに構えて打つ方法があります。
動画では②の方法を解説しています。
この打ち方は、ボールが身体に近い分クラブを短く持ち、上体が多少起きた構えになります。
スウィングのポイントは手打ちにならないこと。キープレフト理論の基本「上腕体側」、つまり上腕を体側につけ、両ヒジの高さを保ち身体の回転でボールを打ちます。
大振りはできないので、通常よりも番手を2番手程度上げます。
このようにショットをすると、目標方向にストレートボールを打つことができます。