赤楚衛二、“LINE NEWS賞”受賞で佐久間宣行からのベタ褒めに照れ 「嬉しいです!」

視聴回数1,219,977

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の赤楚衛二(27)が2021年を彩った“話題の人”に贈られる『LINE NEWS AWARDS 2021』の「LINE NEWS賞」を受賞。8日、都内で行われた授賞式に出席した。
 “来年、NEWSになりそうな人”を表彰する同賞。赤楚は、2020年に連続ドラマ初主演となった『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』が、日本だけでなく海外からも注目され、ドラマ『彼女はきれいだった』では恋のライバル役を務め、“破壊力抜群”の演技で注目を集めた。現在、ドラマ『SUPERRICH』に出演中。そのほか、多くのドラマ・映画に出演。「自然体で愛くるしい姿を見せる一方、努力家でもあり、いま大きく期待されている俳優の一人」が受賞理由となった。
 特別アドバイザーを務めたテレビプロデューサーの佐久間宣行氏は「自然体で柔和、誰もが惹きつけられる愛され力。そこに油断していると、中にある芯の強さが垣間見えてくる。何層もの魅力がある俳優さんだと思います。まだまだ出してない一面がある方だと思うので、これからさらに日本中を虜にしていくのではないかと思います」と評価していた。
 LINE NEWSにおける記事掲出数、前年との注目度の変化・PV数などを基に、LINE NEWSが独自に選出した「アイドル部門」「アスリート部」「アーティスト部」「クリエイター部門」「タレント部門」「俳優部門」「文化人部門」の7部門35組がミネートされ、各部1組の受賞者を発表した。