田中圭、ベストドレッサー賞受賞するも自虐「公私ともにいろいろあった」 来年の“運気回復”願う

視聴回数871,158

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の田中圭が、ファッション性や話題性に富んだ人に贈られる日本メンズファッション協会主催の『第50回 ベストドレッサー賞』の芸能部門を受賞し2日、都内で行われた発表・授賞式に出席した。
 今回の受賞を「すごいうれしいですし、自分への刺激にもなります」と満面の笑みで喜んだ田中は「2021年はいろいろあったんですけど、終わりよければ全てよしではないですけど、師走に入ってこのようなスタートを切れたことは、ハッピーだなと思います」と話した。
 さらに「毎年、毎年、今年が一番楽しかったと思って生きてきたけど、今年は自分の中で苦難の年で公私ともにいろいろあった。なので早く来年になんないかな~って(笑)」と自虐混じりに振り返りながら「ご時世もありますけど、みんなの運気が変わってハッピーになれる一年になればいいな」と願った。
 そのほか、政治・経済部門をビームスの設楽洋氏、学術・文化部門を作家の伊集院静氏、芸能部門を吉岡里帆、スポーツ部門を車いすバスケットボールの鳥海連志選手、インターナショナル部門をサンマリノ共和国のマンリオ・カデロ特命全権大使、特別賞をフリーキャスターの草野仁が受賞した。