ローランド「エゴサしない!」独創性を保つため・大切なのは自己肯定感!

視聴回数1,510,382

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

実業家でカリスマホストのROLAND(ローランド)が8日、都内で行われたオンライン展示会『IT トレンド EXPO2021 summer』に登場した。
同展示会は、ITのツールやサービスを持つ企業と、それらのツールやサービスを利用してDX化を推進したい企業に「偶然の出会い」を提供することを目的としている。この日は、経営者としても活躍するローランドが、「コミュ力は努力で手に入る。ローランド流コミュニケーションの極意」をテーマにトークした。
SNSの使い方を問われると「僕はエゴサしないと決めている。人並みのメンタルではあるので、嫌なことを言われたら嫌じゃないですか」と告白。
以前はエゴサをしていたそうだが、「一時、エゴサをしていた時期があったのですが、これを言ったらこんな風に嫌われるのか、あの一言よくなかったな、と知り過ぎてどんどん『右向け右』のように、同じようなことしか言えない自分になっていったのを感じた」とし、「人の意見を聞きすぎると、同じような人間になっていくんだなと思いました。独創性を保つためには、エゴサをまったくしないような状態にしないと、独創性を保てない」と個性が失われることを感じたと打ち明けた。
また、「めちゃくちゃメンタルが強かったら『ローランドの発言、鼻につく』と言われても、『関係ないでしょ』といけるのですが、そんな人間はいないじゃないですか。人に嫌われたくないということは、人のさがなので、それをシャットアウトするためにツイッターは1日1分しか使えないようにしています。1分あれば投稿できるので」と伝えた。