今田美桜、名せりふで北村匠海を「幸せでした」と言わせにっこり

視聴回数381,067

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の北村匠海が10日、都内で行われた映画『東京リベンジャーズ』公開記念舞台あいさつに登壇。本作でヒロイン・今田美桜と共演したシーンを「幸せでした」としみじみ振り返った。
 今田は、主人公のタケミチ(北村)がヤンキーだったころに付き合っていた彼女・橘ヒナタを演じている。この日のイベントで本作の「一番エモいシーン」を問われ、今田は「タケミチがめちゃくちゃけがして、マンションの下で傷を治しながら会話するシーンがあって、そこのヒナタのせりふがすごく好き。『だったら頑張って、10年後も私と一緒にいて』ってシーンはグッときて、いいなと思いました」とにっこり。
 それを聞いた北村は恍惚(こうこつ)の表情で「幸せでした。とても幸せでした」と、今田とのシーンを回顧。横にいた山田裕貴から「心がこもってるね~」とツッコまれ、ニヤリと笑みを浮かべていた。
 舞台あいさつには、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮が登壇した。
 原作は、和久井健氏による人気漫画。主人公のタケミチ(北村匠海)は、ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタ(今田美桜)とその弟・ナオト(杉野遥亮)が関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落―。死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップする。そこでナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。