梶裕貴&雨宮天、アニメ『七つの大罪』お気に入りセリフを本気披露

視聴回数352,143

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の梶裕貴が3日、都内で行われたアニメ映画『劇場版七つの大罪 光に呪われし者たち』公開記念舞台あいさつに登壇。テレビアニメが放送されてから7年経過した今、映画でフィナーレを迎えることになったが「なかなか実感がわいてこなかったのですが、こうして作品を、みなさんにご覧いただくということは、今後はなかなか演じる機会もなくなってくるでしょうし、少しずつさみしさが高まっています」と打ち明けた。
 今作のアフレコで印象に残っているシーンについて、梶は「エリザベス役の(雨宮)天ちゃんとは、7年半ずっと一緒にやってきて、3000年かけた愛が実って、ようやくここから幸せなエピソードが待っているというところで、その成就した愛を確かめあっているシーンが印象に残っていますね。エリザベスが(自身が演じる)メリオダスをひざ枕するようなシーンがあるのですが、天ちゃんの声が、キャラクターを7年半演じてきた声として、ぴったりの温度感、ぬくもりなんです」とかみしめるように語った。