伊藤英明、"仮面ライダー"ガチオタっぷりを披露「プレバン会員です」 高橋文哉と『ゼロワン』フィギュアに夢中

視聴回数754,450

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の伊藤英明、高橋文哉が5日、東京・秋葉原でBANDAI SPIRITSの大人向けコレクターズ商品の統一ブランド「TAMASHII NATIONS」のイベント『TAMASHII NATION 2020』オープニングセレモニーに参加。フィギュア好きを明かし「夢を叶えてくれて、ありがとう。バンダイ」と心からのメッセージを送っていた。
 伊藤は新型コロナウィルス感染拡大の影響により延期となっていたが、12月18日に公開が決まった『劇場版 仮面ライダーゼロワン』(仮)に仮面ライダーエデン/“謎の男”エスとして出演することが発表されている。ビシッとしたスーツで登場した伊藤は「ファンから見させてもらうと、今回の劇場版では新たなフォームが出てきますし、今まではヒューマギアと仮面ライダーの物語。今度はヒューマギアを超えたAIとの戦い。スケール感もアップしています」とアピールした。
 この日は「S.H.Figuarts 仮面ライダーエデン」が公開され、伊藤は「自分が演じさせてもらったキャラクターがフィギュアになって、スゴくうれしかった」と破顔一笑。さらに「自分はプレミアムバンダイの会員なんです」とバンダイ公式ショッピングサイトの会員であることを報告し、『ドラゴンボール』のフィギュアは、ほぼすべて持っているそう。続けて「S.H.Figuartsで言うと、仮面ライダーサウザーと001が手元に届いた。いち早く触れられて…」と頬を緩ませた。麒麟の川島明が「1番、ガチですね」とイジると伊藤は「きょうはファン代表として来ました」と返して笑わせた。
 『ゼロワン』で仮面ライダーゼロワン/飛電或人を演じた高橋が「自分が演じた仮面ライダーが5~6体フィギュアにさせていただいた。001とか…」と話し始めると、伊藤はマイクを持たずに「持ってる!」と同調。川島から「持ってるとか、いいですよ」とツッコミを入れられていた。
 劇場版の出演について伊藤が「自分の息子が5歳になる。その息子が1番、喜ぶ時期に出られて、自分も楽しんで見ていた作品。人生の大きな思い出作りになった。自分が演じさせていただいたキャラクターがフィギュアに。夢ですよね」と感慨。「触れると自分も子ども時代を思い出す。また、子どもとも楽しめる。夢を叶えてくれて、ありがとう、バンダイ」と感謝の言葉を何度も口にしていた。
 『TAMASHII NATION』は、500点以上の大人向け最新フィギュアが集結する年に1度の祭典。今年もおなじみの「仮面ライダー」シリーズ、「ウルトラマン」シリーズ、「ドラゴンボール」シリーズ、「機動戦士ガンダム」シリーズのほか、「鬼滅の刃」シリーズのフィギュアが約1000点集まる。、UDXアキバ・スクエア2階およびベルサール秋葉原1階の2つの会場にリアル展示するほか、サイトでVRでの展示会場の体験や360度のフィギュア鑑賞ができる。期間は、あす6日から8日まで。