北村匠海、初挑戦のボクサー役で役者魂 過酷な体作りに「ギリギリで戦ってた」

視聴回数473,632

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の北村匠海が10月31日、東京国際フォーラムで行われた『第33回東京国際映画祭』のオープニングセレモニーに、同映画祭のオープニング作品『アンダードッグ』(11月27日公開)の出演者としてステージに登壇した。
 ステージにはそのほか、女優の瀧内公美、武正晴監督、脚本の足立紳氏、プロデューサーの佐藤現氏も登壇。また、主演を務める森山未來も中継で参加した。