“一児の母”川栄李奈、DJ KOOの“家族エピソード”に「すてき」

視聴回数1,388,323

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の川栄李奈(25)が4日、都内で行われた内閣府の『#8008(はれれば)・189(いちはやく)普及啓発』記者発表会に周知キャンペーンナビゲーターとして、DJ KOOと共に参加。DV被害について、悩まず相談窓口を利用することを呼びかけた。
 川栄は、昨年5月に俳優の廣瀬智紀(33)と結婚し、同11月に第1子の誕生を報告している。内閣府から「等身大の存在や共感性の高さ」という理由で川栄は周知キャンペーンナビゲーターに起用された。「子どもや小さい子は自分でSOSを出せない。周りの方が気づいてあげられたら」と伝えた。キャンペーンのCMにも出演。「自宅にいる方が多いので、家族や友だちから『見たよ』と連絡をもらいました。うれしいですね」と明かしていた。
 同ダイヤルについて、川栄は「184や110とか番号ってたくさんある。なので、キチンと理解をしていなかった」と“らしさ”もチラ見せしながら「このお仕事をいただいて、ちゃんと理解できました。たくさんの人に知ってもらえたら」と呼びかけた。
 大学3年生の娘がおり、家族を愛することで知られるDJ KOOは「暴力は何も生まない。負の連鎖」と体罰は絶対にしないという。「一丸となって1つの方向に向かって行くのが家族」と力説した。
 続けて「学校行事は保護者面談や授業参観など全部、参加してます」と振り返ると「ざわついちゃうこともありますけど」と明かした。多感な時期だけにDJ KOO自身も娘のリアクションが気になり「1回、聞いたんですよ。『立場もあるだろうから、なにかあったら言って』と。『授業参観とDJ KOOはセットだと、みんな思っているから大丈夫』と言ってました」と苦笑い。「そういう言葉が大事だと思いますね」と密なコミュニケーションの重要性を説いていた。
 会見は、10月から政府が行っている配偶者等からの暴力(DV)及び児童虐待を未然に防ぐとともに、被害の拡大防止を図るために実施している「DV・児童虐待はすぐに相談を ~DV・児童虐待の相談窓口を知っていますか?ためらわずに、ダイヤルを~」キャンペーンの一環として開催。毎年10万件を超えるDV及び児童虐待を未然に防ぐとともに、被害の拡大防止を図る。相談できるダイヤルの存在や、確証がなくても相談するということを広く認知・理解をしてもらうことを目的とする。