ちょっとした家具なら作れちゃう? 大型3Dプリンター「ELEGOO OrangeStorm Giga」

視聴回数277,003

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「ELEGOO OrangeStorm Giga」は大型のFDM式3Dプリンター。最大造形サイズは800×800×1000mmで、従来の家庭用サイズ3Dプリンターよりかなり大きめ。4つのモデルを同時に制作できるのも特徴だ。
4枚のヒートベッドが個別に加熱
プラットホームのPEIビルドプレートは4枚で構成されている。それぞれがヒートベッドになっており、各プレートは個別に加熱される。造形に必要な部分のみ加熱されるので、無駄に電力を消費しないという。最大加熱温度は90℃となる。
マルチノズルプリントが可能。X軸上に4機のノズルを並列で配置でき、同時に4つのモデルをプリントできる。また、ユニット毎に異なるフィラメントを使用する事もできるので、同じモデルを材質違いで作成することも可能。
ノズルの先端径は0.6mm、最大プリントスピードは300mm/sとなる。
USB、LAN、Wi-Fiで接続可能で、操作は付属の7インチHDタッチスクリーンでおこなう。対応する3Dデータの保存形式はSTLとOBJ。
本体サイズは1214x1050x377mm、重量90kg。
・ ・ ・
これだけ大きい3Dプリンターなら、犬小屋くらいは作れちゃうかも。