カシオ、ギターストラップでエフェクターをコントロールする「DIMENSION TRIPPER」

視聴回数44,312

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

カシオ計算機は、G-SHOCKや電卓などで知られた企業だが、今回はギターと連携するデバイス「DIMENSION TRIPPER」を発表した。
「DIMENSION TRIPPER」はギターストラップに装着し、エフェクターなどのデバイスをコントロールできるデバイスだ。ギターの音色を変えるエクスプレッション・ペダルとして、機能のオン・オフを切り替えるフットスイッチとして使える。
「DIMENSION TRIPPER」はギター演奏をどう変える?
「DIMENSION TRIPPER」は、通常ギタリストが足元で操作するエフェクターなど、ギターの音色を変えるデバイスを遠隔操作するデバイスだ。
ギターストラップにつける送信機と、その指示を受け取りエフェクターに伝える受信機の構成される。送信機と受信機はBluetoothで接続する。ギターストラップについた送信機のバネで、受信機につないだエフェクターなどを操作できる。
ステージを自由に動き回れるようになる
「DIMENSION TRIPPER」は単4電池2本で駆動する。今までギタリストは、足元のペダルボードの周辺から動きにくかったが、「DIMENSION TRIPPER」があれば、そこに留まる必要はない。ステージ上を自由に移動できるようになる。
・ ・ ・
このデバイスが普及していけば、ギタリストはもっと自由な存在に、もっと観客を熱狂させられるかもしれない。