iPhone 13の強みはやっぱりカメラ? Apple最新スマホの中身をさくっと紹介

視聴回数860,180

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

9月15日 Appleにて発表されたiPhone 13シリーズ。注目はなんといってもカメラ機能。これを「スマホカメラ」と呼んでいいものか、疑問に思うクオリティだ。そんな今回のiPhone 13シリーズの注目ポイントをまとめていきたい。
今回発表されたiPhone13シリーズは、前作と同様「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro MAX」の全4モデル。いずれも9月24日発売、9月17日予約開始。
「iPhone 13」「iPhone 13 mini」
まず「iPhone 13」「iPhone 13 mini」のスペックや搭載機能について説明していく。
ディスプレイサイズは「iPhone 13」が6.1インチで、「iPhone 13 mini」が5.4インチ。
カラーはRED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンクの5色展開となっている。
注目はやっぱりカメラ。ここはスマホ競争の要ともいえる部分であり、iPhoneも前作からしっかりとアップデートをかけてきている。
カメラの画素数とセンサーサイズは前作より大きくなり、ノイズをより軽減してくれる。夜間などの暗所撮影のときでも、黒みの部分をキレイに表現できる。
さらにセンサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)を新たに搭載。レンズではなくセンサーを安定させてくれる仕組みで、ユーザーが撮影時に動いた時のブレを軽減してくれる。
新しく搭載されたカメラモード「フォトグラフスタイル」は、「鮮やか」「暖かい」「冷たい」など4種類のスタイルから全体のトーンを変化できる。ただ従来のフィルター機能とは異なり、肌のトーンなどは保たれるので、違和感のない仕上がりになる。
全てのカメラでは、最大4K 60fpsが撮影可能。さらに新しい動画モードとなる「シネマティックモード」は、AIが被写体の動きや向きに合わせてピント送りを自動認識する。誰でも奥行きのある、映画のような映像表現が撮影できるというものだ。
「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro MAX」
「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro MAX」は、やはりハイエンドモデルといえる高級感のある仕上がり。ディスプレイサイズは「iPhone 13 Pro」が6.1インチで、「iPhone 13 Pro MAX」が6.7インチ。カラーは、グラファイト、ゴールド、シルバーと新色シエラブルーの4色展開。
ストレージは初めて最大1TBまでラインナップしており、また一段と容量を気にせずガシガシ使いこなせそうだ。
また「iPhone 13 Pro」もカメラに大きくアップデートがかかっている。
「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro MAX」にのみ搭載された超広角カメラ。こちらを活用することで最大2cmまで寄ってのマクロ撮影が可能となった。肉眼ではなかなか見えづらい一面を、スマホカメラでしっかりと捉えることができるように。こちらは写真と動画どちらでも撮影可能だ。
前作から搭載されたナイトモードは、望遠を含むすべてのカメラで利用可能。センサーサイズが大きくなったこともあり、夜の撮影でますます活躍してくれそうだ。
さらにカメラだけでなく、画面操作の滑らかさの指標となるリフレッシュレートが最大120Hzに対応。普段のスマホ操作の快適さはもちろん、スマホゲームで頻繁に遊ぶ人にはかなり嬉しいアップデートといえそうだ。
・ ・ ・
新機能や大きく変わった部分を中心にざっくり紹介した。スマホはテクノロジーの進歩を1番身近に感じられるデバイス。予約するまでの間、どれにするか迷ってしまってわくわくが止まらない!