道が狭い?なら車もそれに合わせよう!スマート可変自動車「Triggo」

視聴回数995,339

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

現代人にとって便利な移動手段となった車。特に地方在住の方にとってはなくてはならない存在だろう。しかし、意外と幅が広くて通りづらい道が多く存在する。そんな道でもスイスイ通れてしまうのが今回紹介する「Triggo」だ。
「Triggo」には巡航モードと操縦モードの2種類が搭載されている。巡航モードでは車幅が148センチで最高時速が90km。一般道で他の車のように安定した爽快な走行ができる。
一方、操縦モードでは車幅が86センチに狭まり、最高時速25kmまで制限されるが、小回りがかなりきくようになる。住宅街などの狭い道や、狭い駐車スペースでも問題なく利用可能。道に合わせた最適な走行で今まで以上に快適に走行できそうだ。
「Triggo」はロボタクシーとカーシェアリングシステム向けに設計されている。また、道幅を選ばず走行できるので、都市物流にも一役買いそうだ。未来の交通、物流において一石を投じる存在になることが期待される。インフラに車が合わせる時代がもうそこまで来ているのかもしれない。
・ ・ ・
2種類のモードで道に合わせた最適な走行を提供する「Triggo」。次世代の車で、どんな道でもストレスのない快適な走りが楽しめそうだ。