不審者は声をかけて撃退!家庭用セキュリティカメラ「Apollo」

視聴回数289,756

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「家で子供が1人で留守番しているけど、大丈夫かな?」、「不審者が近づいたりしないかな?」などと外出時に家の心配をすることがよくあると思います。そんな時に家庭用セキュリティカメラ「Apollo」が不安を解消してくれます!
「Apollo」はAmazon等で購入できます。Amazonでは25,900円で発売中です。
セキュリティカメラとスマホで通話可能
通常の監視カメラは固定されていて一定の範囲を監視し続けるものが多いと思います。しかし、この「Apollo」は人と車を自動で識別。見知らぬ人物を検知した際には自動でその人物を追跡し、スマホに通知が送られます。家主はそれを見て、通話したり警告音を鳴らしたりできます。
例えば、家の前にApolloを設置し、配達の人に荷物の置き場所を伝える使い方や、明らかに怪しい人が近づいてきたので警告音を鳴らす使い方などが考えられるでしょう。
火災や夜間にも対応
上記の機能に加えて、夜間でもくっきりと映像を写すクリスタルナイトビジョンを備えているため昼夜気にせず監視可能です。さらに、監視映像は記録されており、プレイバックして映像を確認できます。
また、人、車に加えて「火」も識別。そのため、火災発生時にはスマホに通知が届き消防に連絡したり、家にいる家族に警告音で火災を伝えたりできます。
ペットエディションも
Apolloにはペットエディションも用意されています。Apolloに備わっていた自動追跡機能やカメラを通じて通話する機能などほとんどの機能がそのまま備わっています。
犬、猫、鳥を識別可能。ペットが触っていけないものに近づいたり、変なものを噛んだりしている時にカメラを通じて注意するというような使い方ができます。
これがあれば、家族がもっと安心して暮らせるかも?

Apollo Pet Edition
Amaryllo