レパートリーが増える! 卵焼きアレンジ3選

視聴回数507,698

※ 視聴回数について

MAMADAYS - ママデイズ -

おかずの定番の卵焼き、食材をちょい足ししてレパートリーを増やしてみませんか?
彩りが欲しいときや、普通の味に飽きてしまったときにも便利な卵焼きアレンジを3つご紹介します!
簡単に作れるのでぜひお試しください!
■基本の卵焼き 材料(作りやすい分量)
卵 2個
砂糖 小さじ2
醤油 小さじ1/2
サラダ油 適量
■作り方
1.容器に卵を割り入れ白身を切るように混ぜる。調味料を加え軽く混ぜる。
2.フライパンにサラダ油を引き、中火で熱する。
3.卵液の1/2を加え、半熟の状態で手前に向かって巻いていく。巻き終わったら奥に寄せる。
4.サラダ油を引き直し、残りの卵液を加え、巻いた卵を持ち上げ卵液を全体に広げる。ふちが固まってきたら手前に向かって巻く。
■ベーコン・チーズ卵焼き 材料(作りやすい分量)
・卵液は「基本の卵焼き」参照
・ベーコン 3枚
・スライスチーズ 1枚
■作り方
1.ベーコンは細切りにしておく。スライスチーズは小さく切っておく。
2.「基本の卵焼き」の作り方1のあとにベーコンを加えて混ぜる。
3.「基本の卵焼き」の作り方3のときにスライスチーズをフライパンの奥側に乗せて一緒に巻く。
■桜えび・細ねぎ卵焼き 材料(作りやすい分量)
・卵液は「基本の卵焼き」参照
・桜えび(乾燥) 大さじ2
・細ねぎ(小口切り) 大さじ2
■作り方
1.「基本の卵焼き」の作り方1のあとに桜えびと細ねぎを加えて混ぜる。
2.「基本の卵焼き」と同様に焼いて完成。
■ブロッコリー・海苔卵焼き 材料(作りやすい分量)
・卵液は「基本の卵焼き」参照
・ブロッコリー 小房2個分
・刻み海苔 適量
■作り方
1.ブロッコリーはよく洗い、ゆでるかラップに包んで600wのレンジで約30秒〜1分加熱し、粗みじん切りにしておく。
2.「基本の卵焼き」の作り方1のあとに1と刻み海苔を加えて混ぜる。
3.「基本の卵焼き」と同様に焼いて完成。
■対象
2歳頃〜・おとなが召し上がっていただけます。
※子どもの年齢に合わせて食材の大きさや味付けは調節してください。
※チーズを使用しています。妊娠中の方はナチュラルチーズではなくプロセスチーズと記載されたものを使ってください(ナチュラルチーズの場合はしっかり加熱してください)。
※砂糖はきび砂糖を使用しています。
■保存する場合
冷蔵保存:できるだけお早めにお召し上がりください。食べる前に電子レンジなどで再加熱してください。
冷凍保存:冷凍には向いていません。
(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)
監修者:管理栄養士(MAMADAYS編集部)