剛力彩芽、コメディー映画撮影で苦戦?「耐えられてないときも何回か」

視聴回数1,925,861

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の剛力彩芽、日本のレゲエグループ・湘南乃風の若旦那こと新羅慎二、が23日、都内で行われた映画『新 デコトラのシュウ 鷲』大ヒットよろしく舞台あいさつに登場した。
 オネエの役を演じた新羅は「めちゃくちゃオネエになりきっていた。一番びっくりしたのは自分。自分の心の中にいるんだ。結構、素だったかもしれない」とポツリ。続けて「自分の中で楽しかった」と笑顔。「剛力さんと話すとき『ねえ、聞いて!分かる!』みたいな」と言うと剛力は「女子会できますね」と盛り上がっていた。
 その日はそのほか哀川翔、勝俣州和、柳沢慎吾も登壇。同作は哀川が主演を務め、2003年から08年にかけて5作品が公開された映画『デコトラの鷲』シリーズの6作目。哀川演じるトラック運転手で義理人情に厚い鷲一郎が、美女を助けるために奮闘する物語が展開されており、今回は12年ぶりの新作で、鷲一郎が一目ぼれするマドンナ役は剛力が担当。鷲一郎の浅草の仲間でオネエキャラの巡査役を新羅、自称・特殊詐欺捜査のベテラン刑事役を哀川とは実写映画で初共演となる勝俣。鷲一郎の弟分で浅草仲間の関口欽太役を第1作からレギュラー出演している柳沢が務める。