竹財輝之助、猪塚健太の愛の手紙に「君の書く文字が好きなんだ」

視聴回数748,835

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の竹財輝之助、猪塚健太、吉田宗洋、三木康一郎監督が27日、都内で行われた、映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』上映記念舞台あいさつに登場した。
原作は、丸木戸マキ氏によるBL漫画。2018年より始まったドラマ版は配信・放送のたびにSNSのトピックス上位にランクインし、19年2月からは2作目の『インディゴの気分』も実写ドラマ化。それと同時に漫画連載がスタートした『續・ポルノグラファー プレイバック』の物語が、映画の中で描かれる。
竹財が演じるのは官能小説家・木島理生、猪塚は大学生・久住春彦を演じ、2人を中心としたラブストーリーが展開。『インディゴの気分』は、木島と編集担当・城戸士郎(吉田)の恋愛とも友情とも区別できない過去が描かれたが、3作目にして最終章の本作では、木島と久住の互いを思いながらもすれ違ってしまう、2人の未来について葛藤する姿が紡がれる。
この日はこの3年間を振り返りながら、猪塚がサプライズで竹財へ感謝の手紙を読み上げることに。撮影は楽しいことだらけだったが「最初はあまり楽しめてなかったな~と思い出しました」と告白。理由は「『うまくやらなきゃ』『これで本当にあっているのかな?』と変に考えすぎて、余裕がなかったのです」と打ち明けながら、「そんな時、ふっと隣にはいつも竹財さんがいて、僕や周りのスタッフさんを気づかってくれて…」と竹財の存在に救われたと説明した。
また、「『舌入れるからな!』と、急に男勝りにリードしてくれたりと、役者として頼れる姿をそばで見させてくれました。そんな姿に僕は、『この人に身を任せてポルノグラファーの世界観を楽しもう!』などと自然に思えるようになれたのです」と笑いながらも感謝の気持ちを伝えた。
これを聞いて竹財は「ありがとう…。いや~、こういうサプライズはやめてほしいですよね」としみじみと手紙を受け取り、「君の書く文字が好きなんだ。ふふふ、きれいな字」とつぶやくと、会場からは黄色い声援があがった。