“ゼンカイザー”駒木根葵汰、ファンとの初対面に感動「本当にうれしい!」 バク転世界一周宣言で大慌て!

視聴回数223,509

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の駒木根葵汰が20日、都内で、映画『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』の公開初日舞台あいさつに参加した。
 3月7日の放送開始に先駆けて劇場版に登場。唯一の“人間”ヒーロー・ゼンカイザー/五色田介人役を務める駒木根は「1番、最初に撮影したのが、この劇場版。長いようで短かったな、と思います」と封切りを迎えた感慨を語る。製作発表や完成報告会は無観客で行われてきたため、この日は、ゼンカイジャーとして初めてファンの前に立った駒木根。「ゼンカイジャー初のお披露目とドキドキしていたのですけど、皆さんが温かく迎え入れてくれて今は落ち着いて話せています。この映画を愛していただけるとうれしいです」とファンにメッセージを送っていた。
 また、介人は、あらゆる分野で“世界初”を目指している。個人的に目指したい世界初を問われると駒木根は「そんなに欲深い人間じゃないから、世界初じゃなくてもいいんですけどね」と迷いながら、「最近、現場でバク転を習っている。バク転で世界一周したら世界初ですかね?」と壮大過ぎる目標を打ち立てた。会場から大きな拍手が上がると「やってやりましょう!」と1度は乗り気になったが、ことの大きさに気付いて「バク転で日本一周目指します」と下方修正。「こういうお調子者だから言っちゃうんですよ…」とプチ後悔していた。