米倉涼子、夕方5時にFENDIジャパン ブランドアンバサダーに就任!

視聴回数2,412,925

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の米倉涼子(45)が、FENDIジャパンのブランドアンバサダーに就任し19日、都内で行われた記者会見に出席。同社創業以来初となるジャパンアンバサダーとなった米倉は「FENDIジャパンさんの56年の歴史の中で、初ということで、とても名誉なことです。フェンディは、私の若かりし頃から大好きなブランドでしたので、びっくりしたと同時に、とてもうれしく思いました」と声を弾ませた。
全身を同ブランドの衣装で登場した米倉は「きょうは、春夏のトレンドの白を選ばせていただきました。シックでかっこいいイメージがありながらも、女性らしいラインにすごく魅力を感じています」とにっこり。「成人の前後からモデルを始めていましたので、その頃からFENDIに出会うことができたのですが、大人すぎずなデザインもあって。ゴージャスな毛皮のイメージがありながら、傍らでかわいらしいものとかもたくさんあって、いろんな年齢の方に使っていただけそうなアイテムがいっぱいありますよね」と魅力を伝えた。
コロナ禍での活動について「普段と生活の形とかはほとんど変わらないのですが、自分にとって何が大切なのか、どうやってある中の時間を有効的に使うのかを見直すようになったかなと。学べる1年でしたね」としみじみ。今年の漢字については「もっと早く収束するかと思っていたのですが、1月でもありますので『祈』ですかね。いい方向に向いて、みなさんが自由に今まで通りに生活ができるように」と言葉に力を込めていた。
起用理由について、同社は「フェンディは、1925年の創業以来、伝統を守りながらも、常に比類なき創造性と卓越性を追求し、革新し続けてきました。一方、米倉涼子さんのユニークで類まれなる才能にあふれ、革新的、かつ型破りな挑戦をいとわない姿勢は、フェンディと共通の価値観を共有しています。ジャパンブランドアンバサダーに起用することで、メゾンのサヴォアフェールや、性別や人種、年齢といった境界を打ち砕き、ダイバーシティへの終わりなき探求を示してくれることでしょう」と説明している。