斉藤由貴、デビュー35年目で「ジュエリーベストドレッサー賞」受賞に驚き 誕生日のジュエリーは「自分で買う!」

視聴回数743,334

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の斉藤由貴(54)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の50代部門に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。
 紫のドレス姿を披露した斉藤は「正直に言うと『いただいていいのかな?』という気持ちもありますが、この女優という仕事をずっとやってきたことに対し、このように評価してくれたのはありがたいことです」と笑顔でスピーチ。
 ジュエリーの思い出として「初めては、二十歳の誕生日に両親がくれた一粒のダイヤモンドのペンダントネックレスでした」と振り返りながら「その時の両親の顔を思い出してしみじみとなりました。ジュエリーというのは、特別な思い出、思いを節目節目にくれるモノだなと思います」とほほ笑んだ。
 そのほか、10代部門は森七菜(19)、20代部門は新木優子(27)、30代部門は戸田恵梨香(32)、40代部門は小池栄子(40)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。