森七菜、ドラマでのキスシーンに父が「泣いていた」 囲み取材でキュートな笑顔!

視聴回数282,349

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の森七菜(19)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。
 白と黒のシックなドレス姿を披露した森は「まだ19歳なので、初めて身に付けたジュエリーは、去年の誕生日にお母さんがくれたモノです。今でも大事に特別な時に付けるようにしています」と初々しいエピソードで場を和ませながら、「ジュエリーを付けると背筋が伸びて、すごく特別なモノ。これからも胸を張って、ジュエリーをたくさん付けれるよう頑張りたい」とスピーチ。
 式後の取材でも「こんなにキラキラしたジュエリーは初めてなので、自分に似合ってるのか少し不安です。でも気分はすごくいいです。気持ちがワクワクします」と笑顔を浮かべ、受賞の喜びは「お母さんに伝えたい」と声を弾ませた。
 また、ジュエリーに絡めた恋愛の質問も飛んだが「それ言うとお父さんが悲しむ」と回答を濁し、「こないだもドラマのキスシーンを見て(父が)泣いていた」と暴露。将来の“結婚指輪”についても「左手薬指はそんなに(願望が)ない。あまり考えたことがないですね。でも大人になるにつれ考え方も変わるのかな?」と話し、恋愛質問が集中すると「恋バナ、めっちゃ好き(笑)」と、女性リポーターの圧力に思わず笑みをこぼしていた。
 そのほか、20代部門は新木優子(27)、30代部門は戸田恵梨香(32)、40代部門は小池栄子(40)、50代部門は斉藤由貴(54)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。