田中美佐子、夫・深沢邦之からのプレゼント聞かれ照れ笑い「バラの花をくれました」

視聴回数1,029,851

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の田中美佐子(61)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の60代部門に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。
 田中は「この賞をいただいたと聞いたとき『え?』という感じになりました(笑)」と最初の反応を明かし「ジュエリーとは無縁で遠い賞のイメージだったかなと。還暦を過ぎてから賞をほしいなと思っていたときにこの賞をいただけました」と笑顔。そして「もともとジュエリーは好きなんですが、ドラマなどでつけるチャンスがなく。密かにためたりして、お出かけするときに身に着けて楽しんでいました」とジュエリーとの思い出を振り返った。
 囲み取材では、夫のお笑いコンビ・Take2の深沢邦之からひとつだけジュエリーをもらったことを明かした田中は「毎年、私が欲しいと言っていたら誕生日の時にもらえました(笑)」と声を弾ませた。
 さらに「宝石としてはそれだけで、いつも私があまり好きではないバラの花をくれたんです。血なまぐさいから真紅のバラがあまり好きじゃなくて、それでも最近はメモをして私が好きなお花を買ってくれますね。還暦の時も真っ赤なバッグを買ってくれて。なんでかいつも真っ赤なんですよね」と夫の気持ちに感謝しながらも、そのセンスについて疑問を抱いていた。
 そのほか、10代部門は森七菜(19)、30代部門は戸田恵梨香(32)、50代部門は斉藤由貴(54)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。