『スター・ウォーズ』短編アニメ映画に有名アニメ制作会社が参加

視聴回数554,627

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で9月22日から独占配信される『スター・ウォーズ:ビジョンズ』のジャパン キックオフイベントが14日、都内で開催された。本作は、日本を代表する7つのアニメスタジオが独自の“ビジョン”から、新たな「スター・ウォーズ」の物語を自由な発想で描く短編アニメ映画集。このプロジェクトの参加7社・9人の監督たちが一堂に会し、スペシャルゲストとして登壇した。
 このプロジェクトは日本だけにとどまらない、世界規模のプロジェクト。「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカスが日本文化から影響を受けたことはよく知られているが、ルーツである日本からプロジェクトがスタートする。イベントの冒頭では、ルーカスフィルムのジェームズ・ウォー氏が「ルーカスフィルムからのラブレターなのです」と語るビデオメッセージも上映された。
 登壇したのは、神風動画の水崎淳平総監督(崎はたつさき)、キネマシトラスの垪和等監督、サイエンスSARUのチェ・ウニョン監督、アベル・ゴンゴラ監督、ジェノスタジオの五十嵐祐貴監督、スタジオコロリドの木村卓監督、トリガーの大塚雅彦監督、今石洋之監督、プロダクションI.Gの神山健治監督。
 それぞれが独立して手がけた9つの作品は、これまでのスター・ウォーズの歴史、物語にとらわれず、その世界観にある“光と闇”、“ジェダイとシス”などをベースに描かれ、どれをみても新しい、でもスター・ウォーズのスピリットを感じずにはいられない作品たち。