吉沢亮、「イケメン」と言われすぎてとぼける? 黒髪マイキーにも触れる

視聴回数1,068,959

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の吉沢亮と山田裕貴が17日、都内で行われた映画『東京リベンジャーズ』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。
 現在は、プライベートでも仲が良いという2人。初めて出会ったときの思い出を聞かれると、山田は「僕は戦隊出身で、(吉沢は)ライダー出身。そのとき舞台あいさつが一緒だったことがあるんです。たまたまメイク部屋でとなりになって『ものすごくイケメンですね』と言ったんです」と明かすと、吉沢は「覚えてないんですよね…」と記憶にないと話した。
 「なぜ覚えていないか」とMCからツッコまれると「言われすぎているんじゃないですか?(笑)」と山田と吉沢がハモリ。さらに山田は「そんな一言、言われすぎていて覚えてないですよ!」と言うと、吉沢は下を向いて照れた表情を浮かべていた。
 続けて、現在の吉沢の印象を聞かれた山田は「表に出さないけど熱い男。お芝居に対して妥協したくないと考えている人ですね。ルックスでイケメンと言われるけど、それだけでない良さがお芝居にある。自分がセッションしていてもわかるし、彼のお芝居が好きです。尊敬していますし、昔から変わらず大きくなっている感じですね」と褒め称えた。
 原作は、和久井健氏による人気漫画。主人公のタケミチ(北村匠海)は、ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタ(今田美桜)とその弟・ナオト(杉野遥亮)が関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落―。死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップする。そこでナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。