SF感あふれる近未来型AR/MRグラス「Mutrics ARiC」

視聴回数294,900

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

アメリカの企業「Mutrics」が開発するAR/MRグラス「ARiC」は、まるで某宇宙SF映画にも登場しそうな近未来感120%超のシルエット。その2つのレンズの先にはどんな世界が待っているのか?装着する前からあふれるワクワクがとまらない。
目の前に広がる世界はいつもとは違う現実
Mutrics ARiCはARグラスと開発環境が整備されたプロダクト。グラスをかけると、そこに広がるのは体感120インチ、フルHD、視野45度の大迫力画面が味わえる。
ARiCには加速度、角速度、地磁気の9DoF対応のIMUセンサーを搭載。装着者の動きを検知するので、360度のMixed Realityの世界が楽しめる。
またUnityのSDKとサンプルアプリがセットになっている。Image Target ARを使えば、カードからホログラムは飛び出すといった驚きに満ちた世界も体験できるだろう。
装着すれば、世界は自由自在?
ARiCから見える世界は、手のモーションにより操作できる。目の前の3Dのオブジェクトの向きを変えたり、大きさを変えたり、今までスマホやパソコンの中で行っていた操作が現実世界で実現する。手術の説明や難しい機械の仕組みなど、今までの平面の世界だけでは伝えきれなかった情報もARiCを通した世界ではもっとわかりやすくなるかもしれない。
自分の世界を作ろう
プリセットアプリケーションでは物足りないデベロッパーには、オープンソースの開発環境が整えられている。Unityによるプログラミングとサンプルアプリで、あなたのアイデアは現実になるかも?Mutricsが提供するコミュニティARiCtopiaでは、Mutricsの開発したソフトウェアが随時更新される予定だ。拡張現実の世界はどんどん広がっていきそうだ。ドローンやラジコンと組み合わせたプログラムにも目が離せない。
拡張現実の地平線は広がり続ける
現在、Mutricsは、Kickstarterにてクラウドファンディングを実施中。1つあたり定価1,299ドル(約14万円)以上の支援からARiCを受け取ることができる。発送は世界各国に対応し、手元に届くのは2021年の9月を予定している。
・・・
Mutrics ARiCから見える驚きに満ちた世界の地平線は未だ果てが見えない。
Mutrics ARiC
Mutrics