【2023年上半期ニュースまとめ】フィギュアかなだい 国枝慎吾 石川佳純引退・TKO木本投資トラブルなど2023年話題になったニュースをコンパクトに振り返り

視聴回数7,335,304

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

マッコウクジラの淀ちゃんが海から大阪の淀川に迷いこんだニュースから幕を開けた2023年。上半期に起こったニュースを短くまとめます。
【1月TKO木本投資トラブル】
1月、芸能界では数億円にものぼる投資トラブルが報じられ、所属事務所を退所したお笑いコンビTKOの木本武宏さんが会見で一連の騒動について謝罪しました。「本日はお忙しい中、たくさんのメディアの方にお集まり頂いて本当にありがとうございます。そして皆様にまずお伝えしたいのが『騒動発覚時に記者会見をする』という旨をお知らせしていたにも関わらずここまで遅くなってしまったこと本当に申し訳ありません」と発言し、深々と一礼。
続けて、「そして、今まで私を応援してくださった皆様、そして関係者の皆様、何よりも今回この様な騒動に巻き込んでしまった仲間・友人の皆様、改めて本当に申し訳ありませんでした。」とコメントしました。
【車いすテニス・国枝慎吾引退】
また、2023年の上半期は日本を代表するアスリート達が引退を発表。
パラリンピックの車いすテニス男子シングルスで3つの金メダルを獲得するなど、数々の偉業を成し遂げた国枝慎吾。1月22日にSNSで現役引退を発表し、2月7日、引退会見を行いました。「1月22日付で引退することになりました。東京パラリンピックが終わって、“引退”について、僕自身、ずっと考えていました。昨年はグランドスラムのタイトルを3つ獲得して調子も良かったんですけど、最後に残されたタイトルであるウィンブルドンの優勝が決まった後、チームの皆で抱き合っていたんですけど、芝生のコートの上で、一番に出た言葉が『これで引退だな』だった。その後の全米オープンは年間グランドスラムがかかっていたので、そのままのモチベーションで行けたんですけど、全米が終わってから、『もう十分やりきったな』と(いう言葉が)ふとした瞬間に口癖のように出てしまっていた。最高のテニス人生が送れたと思います」と語りました。
【フィギュアアイスダンス・かなだい引退】
5月にはフィギュアスケートのアイスダンスで活躍した高橋大輔選手と村元哉中(むらもと・かな)選手が記者会見を開きました。
高橋選手は引退を決めた理由について、シングル時代に大けがを負った右ひざの状態が良くないことをあげ「僕自身の右ひざが限界を感じていた。パフォーマンスをするうえでまだ限界は感じていないが、練習を積んで技のレベルを取っていく部分で努力ではどうしようもできないところに来てしまった。体がついていかないところが一番の大きな理由」と説明しました。
村元選手は「大ちゃんが号泣していたので自分ももらい泣きした。ただ覚悟していたので、驚きはなかった。自分も限界は感じていないが、これ以上に最高のパートナーはいないと思い、新しいパートナーを探すという選択肢は出てこなかった。高橋選手にアイスダンスをやろうと声をかけてよかったし、本当に感謝している」と話しました。
【卓球・石川佳純引退】
同じ5月に、オリンピックに3大会連続で出場して銀メダル2つ銅メダル1つを獲得した卓球の石川佳純選手が記者会見を開きました。「自分自身、やりきったと思えた。卓球に必死で夢中になった競技生活23年間だった」と話しました。石川選手は冒頭「引退を決意した理由は自分自身、やりきったと思えたから。きょうはとても晴れやかな気持ち」と話したうえで「うれしいときは一緒に喜んでくれ、苦しいときは寄り添ってくれたすばらしいファンに恵まれた。何を返せたかは分からないがコートに立ったときは全力でプレーをすることを大切にしてきた」と時折、涙をこらえながら話しました。
【とにかく明るい安村英国で大人気】
お笑い芸人の世界進出も話題になりました。とにかく明るい安村さんがイギリスのテレビ番組、ブリテンズゴッドタレントで
日本人として初めて決勝に進出。再ブレイクを果たしました。