3.11。Fukushimaでお米を育て続ける美人双子姉妹

視聴回数1,076,219

※ 視聴回数について

アグリンch

3.11。
東日本大震災から9年。
福島(Fukushima)。
報道される機会は少なくなっていますが
復興への歩みは着実に進んでいます。
多くの支援に支えられながら勇気づけられ
自分たちの力で農業を支えようとする若き生産者
地域の人たちと互いに支えあって生きる生活者。
風評被害と向き合い、乗り越えながら
「おいしい」といってもらえる喜びを糧に
もの作りをあきらめない若者たち。
そんな市井の人たちのもとを
継続的に訪れていた双子の姉妹がいます。
日本人の「食」の原点であるお米作りや
震災によって一時中止に追い込まれたものの
地元復興を追い求める有志によって
再開された福島県相馬市の「相馬野馬追」など
日本の四季折々を通して、人と人の関わり
食が繫ぐ命の尊さを丁寧に伝えます。
いま、わたしたちができること。
混乱が広がる今だからこそ
知ってほしい姿があります。