バランス良くフィニッシュがとれる、アドレス時の足指の位置とは?【うねりスイング実戦ラウンド編2/三觜喜一】

視聴回数266,761

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

◎足の裏の重心位置が影響している可能性が大
練習場では当たり前にフィニッシュがとれても、コースだと前のめりになったり、後ろにのけぞったりとスイングの最後が変な体勢になってしまっている人は少なくありません。これはバランスが崩れているからです。
ここではバランス良くフィニッシュをとるための方法を2つ紹介したいと思います。
1つめです。アドレスしたら靴の中で足の指10本をすべて浮かせます。こうすると両足の母指球に体重が乗り、その状態のままクラブを振るとバランスが崩れずしっかりとフィニッシュがとれます。
これは体重が指先やかかとにかかりすぎるとバランスが崩れるからで、指先が浮いていると前に行くのを防ぐことができます。
フィニッシュは左足かかとに重心が移動するのですが、コースだとどうしても重心が前にいってバランスを崩したり体が突っ込んだりしてしまう人が圧倒的に多いので、それを防ぐために指を浮かせて重心を母指球に集めるわけです。
実際にやってみるとわかりますが、かなりバランスよく振ることができます。もちろん右足の指先は最終的に地面につきますが、左足の指先は地面に触れることなく最後まで振るように心がけるとバランスの良いスイングになります。
コースでどうしても突っ込んでしまうようならおそらく、足の裏の重心位置がかなり影響しているはずなので、指先を浮かせて素振り、あるいは実際に打つことをためしてみてください。