飛距離を生むバックスウィング始動時の下半身の動きとは!?【吉本巧「アクシス理論」で飛ばす!/ゴルフレッスンプラス】

視聴回数666,913

※ 視聴回数について

ラブすぽ

いかに大きなエネルギーをためるかが、バックスウィングの目的です。そのための要素の1つが体重を右股関節に乗せることです。
体重を右に乗せようとして、腰を右にスライドさせてしまうとエネルギーがたまりません。また、腰を右に動かして上半身の軸が左に傾いたトップをつくると、ダウンスウィングで右に倒れるギッタンバッコンの動きを招き、飛距離が出ません。
「アクシス理論」の方法論は、回転運動によって飛距離を出します。ですから、バックスウィングは、回転させて体重を右股関節に乗せることが重要なのです。
その方法は、バックスウィングの始動とともに、右腰を背後に回していきます。決して、腰を右にスライドしないように注意しましょう。
これを身に付けるドリルを紹介します。
右股関節のシワに沿ってペンを当てて構え、バックスウィングの動きでペンをはさみます。トップでペンが落ちなければ、右股関節に正しく体重が乗ったことになります。
腰を右にスライドすると、ペンが落ちてしまいます。
一度試してみてください。