払い打ち厳禁!フェアウェイウッドの打ち方とは?【うねりスイング実戦ラウンド編2/三觜喜一】

視聴回数428,727

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

◎長いインパクトゾーンを作りソールを滑らせていく
苦手な人の多いフェアウェイウッドは、力任せに打って距離を出そうとすると難しくなってしまうクラブです。
ただし実際にはさほど難しくなく、構造上ソール幅が広いわけですから、かなり手前にヘッドが落下しても地面を滑ってくれるので、滑らせて使えばうまく打てるはずです。
アマチュアはよく払い打ちしようとしますが、それではソールが滑りません。地面に着地してからヘッドが跳ね上がってしまうので、上がり際でとらえてトップということになりやすいのです。
ですからあくまでもクラブが下りてきて滑るというのが前提です。つまりアイアンと同じようにクラブを上から振り下ろすことが打ち方の基本になります。滑ってくれるぶん、アイアンよりやさしいともいえます。
打ち方のコツは長いインパクトゾーンをつくることで、そのためにはボール4個か5個ぶん根こそぎ打ってしまうようなイメージが必要です。ボールの約20センチ手前めがけてクラブを振り下ろすと胸が開かず、ソールが滑りながらボールに当たってくれます。
くれぐれも払い打とうとは考えないでください。上から振り下ろしてクラブヘッドを地面に着地させます。ヘッドがボールにいくと体が突っ込んでミスになりますので、ボールの手前にヘッドを着地させて後は勝手に滑って当たるという感じです。
当てるつもりがないのに当たってしまう、という感覚が理解できるとフェアウェイウッドはやさしいクラブになります。