「両肘骨折したのか?」辻発彦さんの曲がり過ぎる腕《サル腕》っていったいナンダ? ≪辻発彦トークショー≫

視聴回数1,753,435

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

2022年まで埼玉西武ライオンズで監督を務めた辻発彦さんのトークショー(23年1月開催)。
辻発彦さんは現役時代は西武・ヤクルトで現役16年。守備の名手として名高く、当時歴代最多の8度のゴールデングラブ賞を受賞(23年時点では菊池涼介の10回。パ・リーグでは今も最多)。守備は日本プロ野球史上でも屈指のレベルといってよい。
その辻発彦さんの「曲がり過ぎる腕=猿腕」がトークショーで話題に。実演して見せるとMCもファンも大興奮。親に感謝すると語る辻発彦さん。
社会人の監督にも驚かれ「お前、両肘を骨折したのか?」と聞かれるほどだったという。