アンジャッシュ児嶋、相方・渡部の不倫騒動で「トイレ行きづらい」 渡部の近況報告&コンビ継続についても言及

視聴回数2,498,348

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)が30日、都内で行われた『プレミアムウォーター 新アンバサダー&新CM発表会』に参加。相方・渡部建(47)が複数女性との不倫により活動自粛以来、初の公の場に登場した。
 発表会が終わり、取材に応じた児島。もちろん報道陣が聞きたいのは渡部のこと。起用理由は「誠実な人柄で知られ、幅広い年代に人気のあるお笑い芸人として活躍」というものだったが、依頼があったのは渡部騒動の前後かを問われると「なにかあったんですか?」と、とぼけた表情に。すると芸能リポーターの井上公造から「『ネット見ろ』で返してくださいよ」と先にネタを言われてしまい、児島は「自分のタイミングで言うから!」と釘を差していた。
 渡部の騒動に関しては「困ってることは山程あります。いろんなところにご迷惑をお掛けしました。頭を下げて謝って回る。相方のことでしょうがないですけど、困ったというレベルじゃない」とボヤいていた。また、「『トイレ行ってきます』だけでウケちゃう。言わないで行ってもクスクスされる」とトイレに行きにくくなった弊害も語っていた。
 その後も「水で洗い流したいこと」など、あの手この手で矢継ぎ早に質問が飛ぶ。主催者から「今回の内容に沿ったものに…」と注意が入ったが、児島は「ガンガン聞いてくるじゃない。今回は、それ(渡部)なしって聞いていたのに」とボヤきを連発。井上が再び「今までの質問は水に流して」とボケると、児島は「やかましいわ。そういうのは俺に言わせてよ。なんで言っちゃうの?」とクレームを入れていた。
 また、渡部について「元気らしいですよ。最近、会ってないんですけど。元気といううわさは聞いてます」と近況を報告し、おぎやはぎが明かしていた笑顔も戻ってきたことも「みたいですよ」と話した。アンジャッシュの今後については「ホントに何も決まってない」としつつ「復活できないかもしれない。本人のホントのところは聞いていない。僕の中でも整理はできてない。目の前にある仕事を一生懸命やるしかない」と話すにとどめていた。