乃木坂46与田祐希、竜星涼にジェスチャーモノマネされ困惑 浴衣姿でキュートな笑顔

視聴回数865,327

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 乃木坂46の与田祐希、俳優の竜星涼が27日、都内で行われた映画『ぐらんぶる』(8月7日公開)のプレミアム夏祭りイベントに参加。浴衣の恥ずかしい思い出を明かした。
 ヒロイン・古手川千紗役を演じる与田は浴衣姿で登場。「基本クールでたまにデレな千紗役の乃木坂46の与田祐希です。千紗のクールデレを表現できるように頑張りました」と笑顔でアピールした。
 “裸”がテーマの映画で「心が丸裸になったエピソード」というお題でトーク。与田は「浴衣のまま…」と話し始めると「撮影していた時に『丸裸』というほどでもないのですけど…。泊りがけの撮影の時に着替えるのがめんどくさくて、浴衣のまま現場に行こうと思ったんです。誰かと会うと想像もしていなかったんですけど、竜星さんが車両に乗ってきた。『ヤバい、恥ずかしい』と思ったら竜星さんも浴衣姿だった」と撮影の思い出を語った。思わぬ暴露だったが竜星は「夏は暑いんでね、浴衣になることが多い」と苦笑いで告白していた。
 また、ジェスチャーゲームをチーム対抗で行うことに。竜星が与田をジェスチャーで表現することになったが答え合わせでみんなが驚き。すると与田は「ちょっと!バカにされてますよ」と困惑の様子だった。
 原作漫画は累計発行部数555万部を突破しており、2018年7月からはテレビアニメ化もされた人気作品。竜星が演じる主人公・北原伊織は大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿。きれいな海とかわいい幼なじみと憧れのキャンパスライフに期待していた。しかし、彼を待ち構えていたのは男ばかりで飲み会の嵐のダイビングサークルで、大学で出会った友人・今村耕平(犬飼)もサークルに加わり“裸”での日々を送ることになる。
 イベントには犬飼貴丈、朝比奈彩、小倉優香、石川恋、英勉監督も参加した。