松山ケンイチ、舞台挨拶出席できず電話出演 自由奔放なトークに会場爆笑!藤原竜也も振り回される!?

視聴回数2,005,993

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の藤原竜也が8日、都内で行われた映画『ノイズ』公開御礼舞台あいさつに登壇。この日、イベントに出席予定だった松山ケンイチは、新型コロナウィルス陽性者との濃厚接触の疑いがあり、電話での参加となった。
 本作は、一人の凶悪犯が持ち込んだ“1つのノイズ”が平和な島を飲み込み、島中の人間を巻き込んでいくことで、狂気の暴走が止まらなくなる、“死体がバレたら終わり”の新感覚サスペンス。物語の舞台となる、猪狩島・復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太(いずみ・けいた)を藤原。圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する幼なじみの田辺純(たなべ・じゅん)を松山。圭太と純の幼なじみで、故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まった新米警察官の守屋真一郎(もりや・しんいちろう)を神木隆之介が演じる。