桐谷健太、沖縄で偶然出会った人物とのエピソード明かす 奇跡の出会いに感謝「心に沁みた」

視聴回数1,728,845

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の桐谷健太が42歳の誕生日である4日、東京・新宿武蔵野館で上映が始まった映画『ミラクルシティコザ』(全国順次公開)の初日舞台あいさつに登壇した。
 日本復帰前の1970年と現代の沖縄を、タイムスリップとロックンロールを交えて描いた本作。舞台あいさつでは、タイトルにも入っている「ミラクル」なことが本作ではたくさん起きている、として登壇者がそれぞれエピソードを披露。
 70年代の沖縄コザで、米兵を熱狂させていた伝説のロックミュージシャン、ハルを演じた桐谷は、沖縄で撮影中、滞在していたホテルの食堂で、70年当時から現在まで活動を続けているバンド「紫」のドラマーのチビさんに偶然出会ったエピソードを挙げ、「その時チビさんからお話しを聞くことができた。聞いていなかったら全然違ったハルになっていたと思う」と、チビさんに遭遇したミラクルに感謝した。