LiLiCo場外乱闘に純烈・小田井が夫として守り抜くも夫婦ケンカに発展

視聴回数1,693,521

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

3月20日に東京・両国国技館でDDTプロレスで引退試合を行うことを発表しているタレントのLiLiCo(51)の対戦カードが11日に発表された。夫でスーパー銭湯のアイドル・純烈のメンバーの小田井涼平(50)、プロレスラーの彰人とタッグを組み、男色“ダンディ”ディーノ&飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人と対戦する。同日、都内で会見も行われ、LiLiCoや小田井が出席した。
DDTプロレスは「LiLiCoさんのパートナーとして株式会社CyberFight副社長兼選手の彰人、もう1人はLiLiCoさんのご主人であります純烈の小田井涼平さんに務めていただくことになりました。小田井さんはこれがプロレスデビュー戦となります」と発表。あわせて、純烈の酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太についても「LiLiCoさんチームのセコンドを務めていただきます」と伝えた。
LiLiCoは「2020年の8月に大ケガをしました。ヒザの皿が真っ二つ割れた。完治しません。ずっと、これと付き合わなければいけない」と明かす。「いつ人生の中で輝いたのかと言えば、それは間違いなくプロレスをやっていた時、DDTのリングに上がっていた時。輝いていたし、幸せだったし、強かったし、すごく気持ちも強かったし、整っていた。本当は続けたかったけど完治しない。悔しい思いもしているので、もう1回だけ戦いたいとお願いした」と経緯を説明した。
タッグパートナーに夫を選んだ理由については「私を守ってくれて、支えてくれた主人の小田井に、こういう時は一緒にいてほしい。強いとか言われるんですけど『守られているな』と、会ったその日から感じている」とのろけながら明かす。「自分の足の爪も自分で切れない体が固い人なんですけど(笑)。でも、そばにいてもらうということが大事なことだと思ってお願いをしました」とにっこり。続けて「彰人はタイプだから、お願いしました」と豪快に笑っていた。
小田井は「タッグパートナーの指名をいただきました。正直、やめてほしいのが本音。ヒザのケガは今後、付き合っていきながら生活するというのが、ケガをした段階で分かっていた。その状態で試合をするのはいいのかと夫として考えるところであった」と偽らざる胸中を明かす。それでも「彼女のプロレスに対する思いも…。彼女がケガをして緊急搬送で病院に運ばれた後に応急処置を終えて、麻酔が覚めた。その時に病院に駆けつけたんですが、戻っていくもうろうとする意識の中で『プロレスはできますか?』とボードに書いた。無意識の中でもプロレスを気にしているんだなと思った」と熱意を感じたことという。
最後に小田井は「彼女の左ヒザの代わりとなって戦いたい」とサポートを約束した。